連れなし酒なし車なし ~ニッポン津々浦々おんな1人旅~~

神話と歴史と旅が好きなカメ子の旅日記

対馬旅行後記 2日目その③ー和多都美神社から烏帽子岳展望台そして阿麻氐留神社、西の漕手へー

『つしま海道音楽祭』の会場となる「あそうベイパーク」にやってきました。ステージ横では気球が空を泳いでいます。ダイナミック。
あそうベイパークは自然がいっぱいでキャンプが出来たりカヌーも乗れるようで散歩でも…と思っていたのですが… ...

ここって、かなり和多都美神社まで近づいてきてるよね!?

そう思うと居ても立っても居られないカメ子になり(*´-`)急遽、観光タクシーを手配するのでした。

f:id:kamearuki:20180414140722j:plain

和多都美(わたづみ)神社とその近くにある鳥帽子岳(えぼしだけ)展望台を目標に、道中にある阿麻氐留(あまてる)神社にも出来れば行ってみたい。片道20〜30分はかかるようなので2時間を目安にお願いする。

f:id:kamearuki:20180414190717j:plain

念願の和多都美神社にやってきました!
夢にまでみたこの光景(*´∇`*)

f:id:kamearuki:20180414191012j:plain

ここから龍宮城に行けそうじゃないですか〜〜~

f:id:kamearuki:20180414191206j:plain

彦火火出見尊豊玉姫命が祀られています。
奥にある豊玉姫の墳墓にもお参りしました。

f:id:kamearuki:20180414190958j:plain

あんなにしげしげと眺めた三柱鳥居を撮り忘れるなんて。

f:id:kamearuki:20180414191154j:plain

ここ和多都美神社でも韓国人旅行客しかいないことに驚き、また目の前では目を覆いたくなる光景が。ガイドさんが賽銭箱にもたれるようにして賽銭箱前の階段上ど真ん中でまるで講演でもしてるかのように観光案内しているではありませんか!?!

横からそっとお参りするのがやっとでした。あまりの光景に少し落ち込んだカメ子にさらに追い討ちをかけるような出来事が… …
な、なんと旅行客の一人が7、8連発の舌打ちを浴びせてきたのです!

年齢非公開レベルのカメ子でも生まれて初めての連発舌打ち攻撃にびっくら驚いたア

f:id:kamearuki:20180415020201j:plain

さあ気を取り直して烏帽子岳展望台に向かいます。

烏帽子岳展望台へは和多都美神社近くの車道から上がって行きます。標高176m程の山なのに展望台に行くまでに韓国人旅行客のバス3台とすれ違うことになりました。その度にタクシーの運ちゃんは車をバックさせるというこの道のり。私はこの道を明日ひとりで歩いて登ろうと思ってたのか…おぉなんと恐ろしい。よかった今日タクシーにお願いして。

展望台の最上部までは車で行けないので途中からは徒歩になります。車を止めておける駐車場からでも十分な眺めなんですけどね。

f:id:kamearuki:20180414190700j:plain

登りきりました!素晴らしい眺めです。韓国人の女の子がファンタスティックって叫んでたっけ。

そう、この景色を一言で表現すると… ...
まさにファンタスティック!!

f:id:kamearuki:20180414190226j:plain

あそうベイパークへの帰り道、行きたいと思っていた阿麻氐留神社がある小船越に寄ってもらいました。この辺は見どころ満載で歩いてまわれる距離なんです。

小船越「大陸と本土を往来する遣唐使船などが陸では引かれて越していきました。阿麻氐留神社の由来・弘法壇の地名・日本最古の寺院と伝えられる梅林寺など、歴史的要所であったことが今もなごりを残します。」と書いてあります。

f:id:kamearuki:20180414190022j:plain

阿麻氐留神社です。祭神である天日神命は太陽神であり天照大御神と同一神ではないかとか、神在月の出雲の会議では一番最後に登場して一番最初に帰って行くお偉い神様だとか、色々噂が多く一度来てみたいと思っていた神社です。

本当は今日の午後はイベントだけにして和多都美神社へは最終日である明日、バスで行こうと考えていたので、時刻表を眺めている限り今回の旅では阿麻氐留神社は諦めなあかんかなーと思っていたので来ることができて感慨深い。
最寄りの小船越バス停は、厳原から和多都美神社までの道中にあり神社のすぐ下にあるんやけどね〜バスの本数が決して多くはないので。やはり免許証を持たない旅は限られた時間のやりくりで涙を呑むことが多いです。

f:id:kamearuki:20180414190040j:plain

阿麻氐留神社からの眺め。小船越を挟んで向こうに見える三浦湾が東側の本土に続く海の道。

f:id:kamearuki:20180414190338j:plain

対して此方が西側の大陸への玄関口、西の漕手。
ここもなかなかファンタスティックやん。

西の漕手は、道路沿いに小さいけど車を置けるスペースがあったり公衆トイレがあるので、ここを起点に周辺を散策するのが宜しいかと。

f:id:kamearuki:20180414190213j:plain

梅林寺。日本最古のお寺かもしれないんだって。すごいね対馬

f:id:kamearuki:20180414182115j:plain

2時間程の濃厚なタクシー観光を終えて、あそうベイパークに戻った後は夜まで音楽祭を楽しみました♪
地元の方のあたたかい手作り感が伝わってくる良いイベントでした。大きく成長していく音楽祭になるといいなぁ。

つづく。。。